ちょも's Page
 
mail: pass:   

ちょも
1970〜1974 生
埼玉県 在

山行記録
山行記録 (24)
山行一覧(年別)
山行一覧(県別)
山行マップ
日本百名山 (4)
日本二百名山 (2)
日本三百名山 (1)

資料室画像
登録画像 (36)
画像一覧(年別)
画像一覧(県別)
スライド
画像マップ


山どんの資料室



 
 山行記事 MyPicture     


赤城 長七郎山〜地蔵岳

山名地蔵岳(1674m)  
山行日2014/04/27
山行時間2.5時間
山行ルート小沼P 9:10〜9:32長七郎山9:40〜10:00車道分岐〜10:30地蔵岳11:15〜11:36 P





なんと4か月ぶりの山。スタットレスがないと冬は行けませんね・・・
上信越はまだ雪が不安なので、近場の赤城へ。
冬は地元からあれほどきれいに見える赤城も、最近はかすんで全く見えない日が続いたので、登っても遠望は利かないだろうなあと思って登りました。予想通り遠望は無理でしたが、うっすらと上州武尊や谷川連峰が見えてうれしかったです。
長七郎山は山どんに登録されないほどマイナーなだけあって人もほとんどおらず、地蔵岳はたくさんの人でにぎわってました。空気の澄んだときに関東平野をみるなら長七郎山のほうがいいですね。どちらも手軽な山ですが、いまだに登山道には雪がけっこうありましたよ。黒檜山はもっとあるんでしょうね。2月の大雪、恐ろしや・・・


comment:0 件 14/04/27 15:04



 山行記事 MyPicture     


笠丸山

山名笠丸山(1189m)  
山行日2013/12/29
山行時間約3:00
山行ルート住居附P10:12〜11:15地蔵峠〜11:48笠丸山頂12:45〜13:14 P




 この山は今年2月に挑戦し、山頂直前であきらめた山でした。直登コースから行ったのですが、急登では積雪とその下の氷によりまったく進めず、断念した次第です。
 今回はアイゼンを準備してリベンジ。直登でなく地蔵峠周りから登りました。アイゼンはなくても登れたと思いますが、せっかく持っていたし、北斜面で積雪はそこそこあったので途中で装着しました。峠からは雪も少なくなったのではずし、無事登頂。でも峠までは道が不明瞭で赤印も少なく、踏み跡がなければ着けた自信はありません。
 西峰山頂は360度の景色ですが標高が低いため、北方面は近くの山が邪魔であまり遠望は聞きません。南側はよく見えました。今年一番の冷え込みということでしたが、風もなく昼寝したいくらいでしたよ。昼食おいしかった。東峰山頂は樹木で景色はありません。
 下りは直登コースから。雪のないところもあってアイゼンは付けませんでしたが、あと少しというところで滑って転んで膝と前腕部に擦り傷を負ってしまいました。あと少しが一番危ない、と自分に言い聞かせていたのですが・・・でも擦り傷でよかったです。
 帰り道に集落のはずれで大きめの猿が道路を横切りました。集落の人もたいへんですね。その後ヴィラせせらぎで傷を癒して帰宅。600円ですがきれいなところでいい湯でした。 先週の立岩の後は下仁田の『清流荘』に立ち寄りました。全国秘湯の会ということで、800円で露天のみ。いい湯でしたが、ちょっと高いかなあ。
 今年最後の山、いい天気で締めくくれてよかったです。


comment:0 件 13/12/29 16:15



 山行記事 MyPicture     


立岩

山名立岩(1265m)  
山行日2013/12/22
山行時間約3:00
山行ルート立岩登山口P 9:26〜10:15威怒牟幾不動尊10:19〜11:25?立岩山頂11:50?〜12:37登山口P




西上州は雪が少ない、と思い込んで行ってみたのですが、間違いでした。
登山口までは夏タイヤでも大丈夫で、しばらくは積雪もうっすら程度だったのですが、尾根が近付くにつれ増え、尾根では15cmくらいありました。前日あたりに3人ほどの足跡があったので、それに支えられてなんとか到達できた次第です。それがなければ引き返さざるを得ませんでした。アイゼン・ピッケルがないと厳しいです。
山行は尾根歩きが長く、とても気持ちいいところです。山頂の景色は樹木が邪魔で北〜西にかけてのみですが、浅間・八ヶ岳がよく見えることでしょう。残念ながらその日はどちらも雲の中。尾根からの景色もいいですが、残念ながらその日は積雪と鎖場で神経を使い果たし、楽しむ余裕は全くありませんでした。積雪はなくても、尾根は細く危険個所もあります。途中でけーたいの電源が切れ、時間も分らなくなってしまいました。
無事に帰ってこられて何よりでした。


comment:0 件 13/12/24 23:17



 山行記事 MyPicture     


二子山

山名二子山(1166m)  
山行日2013/11/14
山行時間3時間
山行ルート俣峠近くのP 9:48〜俣峠〜10:21西岳中央峰11:26〜11:41俣峠〜12:06東岳12:35〜俣峠〜13:00 P




 高校以来25年ぶりの二子山。前は民宿『登人』の辺りから登ったので標高差もありましたが、今回は車なので俣峠すぐ近くに停められ、体力的・時間的にはかなり楽な山行でした。でもこれほど命の危険を感じた山行もありません。滑落者が出るとは聞いていたのである程度の覚悟はしていましたが、これほどとは。これじゃ死ぬ人も出るなあと。
 西岳への登りはそれなりでした。西岳は東峰・中央峰・西峰の3つのピークからなり、中央峰へは時間的にあっけなく着いて、いい眺めが見られました。北アが見えたのはびっくりです。西峰へは険しそうな尾根を見て断念。東峰で昼食後、「上級者向き」コースから俣峠へ向かったのですが、これがすごい。まさに上級者向けで、3点確保を意識するところだらけ。僕はロッククライミングの経験がないので、意味だけ知ってるだけですが。
 このコースを経験すれば、東岳への道はたいしたことありません。とはいえ油断は禁物。もちろん危険箇所はあります。鎖も。
 東岳は西岳より標高が低く樹木もあり、眺望は西の方がいいですが、東岳山頂より少し先に行くと尾根の端があり、そこは木がなくそれなりの景色です。せっかく来るならこちらも登っておいたほうが。
 ガイドに家族向けではないと書いてありました。僕も妻や娘を連れては来ないほうがいいなと思いました。高学年以上の男の子なら、上級者コースでなければ大丈夫かな・・・景色と体力面では手軽といっていいでしょう。


comment:0 件 13/11/14 16:39



 山行記事 MyPicture     


蓼科山

山名蓼科山(2530m)  
山行日2013/10/07
山行時間3.5時間
山行ルート大河原峠P 8:54〜9:58将軍平10:03〜10:30蓼科山頂11:16〜12:30
大河原峠P(往復)




どんよりとした空の下、家を出発して上信越道下仁田あたりでは弱い雨も降っており、こりゃダメかもと思いつつ10コのトンネルを抜けると、すっかり晴れ!そういえばおととし9月に籠の登山に行った時も同じ経験しました。長野と群馬は全然違うんですね〜。紅葉が見頃なせいか平日なのに人は多く、土日に運動会だった代休の先生たちかな?
5ヶ月ぶりの山だし若くもないので歩き方を変えようと、意識して遅いペースで歩きました。そしたらバテないんですね!休憩もいらない感じでした。山頂まで90分の山なので当然かもしれませんが、僕には驚きでした。傾斜も半分はゆるやかだったからかな?
とにかく岩が多い山でした。山頂付近のみならず、初めから最後まで。浮き石も多く、特に下りは神経使いますね。
山頂はだだっ広いと聞いてましたが、あれは火口跡でしょう。真ん中が少しへこんでるし、山頂1周するのに10分はかかります。すべて噴火で出てきた岩なのでしょうね。
眺望は聞きしに勝る最高のものでした。まさに360度。八ヶ岳はもちろん、3つのアルプスや御嶽山・北信五岳・浅間山塊・etc。雲に覆われた山もありましたが、個人的には北アがすべて見えたのは初めてなので、感慨に浸れました。見たい方向によって山頂を移動したほうがいいでしょう。
双子池・双子山経由で戻るか迷いましたが、ガスが出始めていたのでひよって往路を戻り、布施温泉で汗を流しました。布施温泉は綺麗なところですね。


comment:0 件 13/10/07 15:56



 山行記事 MyPicture     


袈裟丸山

山名袈裟丸山(1961m)  
山行日2013/06/09
山行時間6.5
山行ルート折場登山口P 8:10〜8:43賽の河原48〜9:33小丸山43〜10:28前袈裟丸山頂38〜11:00後袈裟丸山〜(往復)13:45P




登山口までの車道はところどころプチ土砂崩れで石がゴロゴロしてました。
登山口に8:00に到着したら、もう駐車場はいっぱい。路肩に止めて出発。はじめからずっと尾根歩きという山は珍しいですね。天気もよく、日差しは暑いですが樹林帯が多く風は心地よかったです。つつじとシャクナゲが満開で、登山者が多かったのはそのため?
前袈裟丸山から後袈裟丸山への道は風化が進んで危険なため通行禁止となっていますが、前袈裟に着いてみると半分以上の人が後袈裟へ向かっていたので行ってみました。細い尾根で笹が道に張り出している分歩きにくいところはありますが、通る人も多く踏み跡はしっかりしており、自己責任で大丈夫でしょう。何よりこの尾根は気持ちいいし、シャクナゲの群生地でもあります。今日のうち最も景色のいいところはこの尾根の前袈裟から20mくらいのところでした。至仏から谷川連峰がよく見えます。
帰りの小丸山は巻道を行こうと思っていましたが、巻道が『植生保護のため通行禁止』。泣く泣く登り返しました。つらかった・・・
帰りの賽の河原付近でニホンジカの親子に出会いました。最後に素敵なプレゼントをもらった感じでした。


comment:0 件 13/06/09 20:21



 山行記事 MyPicture     


水の塔山・籠の登山

山名東籠ノ塔山(2227m)  
山行日2013/05/05
山行時間6:00
山行ルート浅間2000スキー場P 10:00〜11:50水ノ塔山12:50〜14:00東籠ノ登山14:25〜(往復)16:20 P




 水ノ塔山は登録できないですね。ちなみに籠ノ塔ではなく籠ノ登です。
 9ヶ月ぶりに親父と中1の娘と3世代で山へ。高峰温泉Pか池の平Pから登ろうと思ったのですが、車坂峠から先は進入禁止。浅間2000スキー場から登ってくれと言われました。雪はないのになぜ?おかげで往復1時間以上は余計にかかって帰りは大渋滞でした。娘が「楽な山に行きたい」ということで選んだのに、結果的にきつめになってしまいました。
 2年前に東西籠ノ登山は行ったのですが、水ノ塔への尾根は魅力的だったので行けてよかったです。天気も最高で、霞で遠望は利かないもののうっすらと八ヶ岳が見え、北側には四阿山・草津白根・白砂山までよく見えました。湯の丸・烏帽子ももちろん。湯の丸に行った時も東西籠ノ登に行った時も四阿山は見えなかったので、今回初めて目にすることができ、どっしりとした素敵な山で、今年のうちに行こうと思います。
 最後は天狗温泉でさっぱり。親父は生ビール飲んでていいなあ。


comment:0 件 13/05/05 23:16



 山行記事 MyPicture     


兜岩山1368m

山名兜岩山(1368m)  
山行日2013/04/29
山行時間4時間
山行ルート荒船不動尊P 9:25〜尾根分岐9:55〜10:15御岳山10:20〜分岐10:42〜10:55兜岩山11:45〜尾根分岐12:40〜星尾峠13:08〜13:33荒船不動尊P




 マイナーな山ですが、八ヶ岳がよく見えるということで行ってみました。霞んでたこともあり、景色はもう1歩かな。山頂先の展望台から八ヶ岳だけはよく見えました。八ヶ岳までそこそこ近いし遮るものはありませんから、蓼科から赤岳まで手に取るようです。遠望がきけば北アも見えるらしい。
 ハイキングとしてはいい山だと思います。尾根歩きも多いから爽快だし、樹間越しに浅間山の迫力ある姿や西上州の山々も見えるし。ただ新緑が出てくると、景色はなくなるかな。低山だけに夏に登る山ではありませんが。そうそうローソク岩の裏の道沿いに残雪ありました。少し食べましたが、GW中は残ってるでしょう。
 GWなのに誰にも会わないので、経塚山手前の星尾峠まで足を伸ばしたら、1組だけ会いました。駐車場には10台くらいあったけど、みんな経塚山に行ったんですかね。


comment:1 件 13/05/01 20:07



 山行記事 MyPicture     


鹿岳

山名鹿岳(1015m)  
山行日2012/12/23
山行時間3.5時間
山行ルート聖徳寺集会所近くP10:25〜11:00マメガタ峠11:10〜11:45一ノ岳11:50〜12:12二ノ岳13:05〜13:45P




四ッ又山から縦走する人が多いようですが、自分はひよって鹿岳のみにしました。体力的に正解かな。
寒いかと思いきや、晴れの南斜面だけあって歩いてる時は暑かったです。マメガタ峠からの尾根道は眺望もよく、急登はありますが気持ち良い時間でした。一ノ岳より二ノ岳のほうが眺望はいいので、一ノ岳はいかなくてもいいかも。どちらも山頂近くは岩峰を登るので、鎖と梯子の連続。よくこんな道作ったなって感じです。
山頂は浅間山の展望台といった感じで、とても綺麗に見えました。八ヶ岳・荒船山・妙義山・その向こうに谷川方面も。榛名の向こうに上州武尊。霞の中にうっすらと日光白根か?秩父方面も見えましたが、逆光で霞みがかっており、もう1歩でした。
帰りに駐車場で靴を脱いでいたらパトカーが通りかかり、話しかけられました。「山はどんな感じでしたか?」「よく整備されてましたよ」「お一人?できれば2人以上で。こないだも近くの渓谷にキノコ採りに1人で出かけた方が遭難して次の日に遺体で発見されたので」怖いですね・・・確かに西上州の山は手頃だけど危険箇所も多いですね。
帰りに荒船の湯まで回って行きましたが、自分には湯が熱すぎてゆっくりつかれませんでした・・・


comment:0 件 12/12/23 20:21



 山行記事 MyPicture     


榛名の相馬山

山名榛名山・相馬山(1411m)  
山行日2012/12/02
山行時間3:00
山行ルートヤセオネ峠P10:15〜11:10相馬山山頂12:05〜12:45ヤセオネ峠P〜臥牛山(往復30分)==伊香保温泉==




ほぼ1年前、5年生の娘と相馬山を目指して南側の県道からアクセスしましたが、相馬山まで届かず挫折しました。道が凍結でタイヤが対応でないので予定の駐車場まで行けず、天目山近くの峠に置いて相馬山を目指しましたが、磨墨岩に登って昼食したら娘が満足してしまいました。磨墨岩もよかったですがね。
今年はリベンジしよう、と思っていたけど機会を逃し、結局12月になってしまいました。同じ道はやめて今年は伊香保温泉から行ってみました。こちらのほうが交通量が多いので凍結箇所は少なく(でも怖かった。やはり要冬タイヤでしょう)、なんとかヤセオネ峠に到着。
気温は-1℃で出発。なだらか20分、急登35分で頂上到着。積雪は思ったよりありましたが、足が埋まるほどでもなかったです。
山頂の眺望は360度と期待していたら、南側のみ180度でした。富士山も南アルプスも八ヶ岳も見えて良かったですが、谷川方面も期待していたので・・・
駐車場に戻って、谷川方面の眺望を期待して臥牛山へ向かいました。往復30分の手軽な山ですが、やはり樹木が邪魔で北側は見えず。
最後は伊香保温泉であったまりました。


comment:0 件 12/12/02 17:37


<< 1 2 3 >> 全 24 件