Latino 2001's Page
 
mail: pass:   

Latino 2001

山行記録
山行記録 (2)
山行一覧(年別)
山行一覧(県別)
山行マップ

資料室画像
登録画像 (6)
画像一覧(年別)
画像一覧(県別)
スライド
画像マップ


山どんの資料室



 
 山行記事 MyPicture     


降雪後、大霧山に遊ぶ




 2018年1月22日(月)午後から降り始めた雪は、東京首都圏で場所により積雪20cm超となった。降雪後4日経過し、通行量多い車道では夏タイヤでも通行可能と考え、さいたま市の自宅を朝6時20分出発した(氷点下4度)。
 富士見道路、東松山を経由して、小川町から東秩父村に入った。橋場のバス停から、彩の国ふれあい牧場方面へ向かう車道は一部凍結していたが、この車道を離れる登山口(近年、トイレ新設)に車を駐車し(氷点下6度)、歩き出した。
 さいたま市の拙宅付近より、降雪量は少なめだった。粥仁田峠の東屋(あずまや)で軽アイゼン(四つ爪)を装着。山道には、降雪後の足跡が登り下り1人と犬一匹。無雪期と所要時間ほとんど変わらず、80分で山頂に到着。
 尾根筋に出ると、寒風が肌を突いたが、快晴のもと、雪の連山の展望は圧巻だった。眼下に秩父盆地、屏風を広げたような山容の両神山、西上州の赤久縄山、西御荷鉾山と東御荷鉾山、その後ろには、ぼんやりと浅間山が見えた。南から西へ、奥秩父の連山、その後ろからわずかに八ヶ岳連峰、榛名山、赤城山、奥日光の山々、そして関東平野。素晴らしい展望だった(添付写真:山頂からの北西方向への展望パノラマ。左から、両神山、赤久縄山、西御荷鉾山と東御荷鉾山)。山頂から定峰峠方面の尾根には、降雪後の足跡は全く無かった。
 山頂からは同じ道を登山口まで戻ったが、途中、登ってくる中年の男性3名とすれ違った。帰路は小川町経由で、玉川温泉の湯船で悴んだ体を解した。山に登った後の私のお気に入りは、温泉とともに、地元産の新鮮な農産物を買って帰ることだ。最近、東秩父村に新設の農産物販売所ができ、玉川直販所(ときがわ町 ふれあいの里たまがわ)とともに、山歩き後の楽しみが増えた。
 今回は天候に恵まれ、降雪後のためひと際、展望と静寂が素晴らしい山歩きだった。



18/01/30 16:10


ハンドル名
タイトル
コメント
 2000文字まで入力可。
認証私はロボットではありません。





登録ありがとうございます。
 Latino さま

登録ありがとうございます。
拝見しました。
ちょっと、感動しました。

>さいたま市の拙宅付近より、降雪量は少なめだった。
えっ、麓より山のほうが雪が少なかった??
って驚きました。

>雪の連山の展望は圧巻だった
写真を拝見しても、冬らしい透き通った青空の下、山々の連なりが綺麗ですね。

これからも、よろしくお願いいたします。

 山どん 18/01/30 21:11