ひとちが'凸凹山行日記♪
 
mail: pass:   

ひとちが
1965〜1969 生
静岡県 在
■ ホームページ ■
富士山発♪ ひとちが凸凹ライフ2
のんびりやの ひとしさんと あっけらかんとした ちがこさんの楽しい日常生活の記録だよん♪ 休日の山行記録を中心に綴るお気楽ライフの始まりだぁー!!

山行記録
山行記録 (579)
山行一覧(年別)
山行一覧(県別)
山行マップ
日本百名山 (128)
日本二百名山 (85)
日本三百名山 (43)

資料室画像
登録画像 (234)
画像一覧(年別)
画像一覧(県別)
スライド
画像マップ

記録
百名山の記録


山どんの資料室



 
 山行記事 MyPicture     


峠山

山名峠山(1416m)  
山行日2017/09/09
山行時間3時間(休憩を含む)
山行ルート道の駅「奈良井木曽の大橋」P-奈良井宿-鎮神社横登山口-石畳の道-展望台-中の茶屋-一里塚-峠の茶屋(鳥居峠)-トチの木群生地-御嶽神社-丸山公園-石畳の道-藪原宿-藪原駅から電車で奈良井駅へ-P




山行二日目は奈良井駅の横にある道の駅に向かった
本日は「信州ふるさと120山」の一座、峠山を歩いてみる

奈良井宿周辺は有料駐車場が多いが早朝の観光客が少ない時間帯は道の駅の
無料駐車場に停めることができる

観光チラシを片手に奈良井宿の散策

古い町並みがステキでしょ♪

宿場町の終点にある鎮神社の横が登山口

ガードレールの切れ目からハイキングコースへ

石畳の敷かれたステキな道

コース沿いにはツリフネソウが満開
ピンクの船形の花が愛らしい

沢にかけられた橋をトントン渡る

一登りすると東屋が立っている中央アルプス展望台がある

背の高い木々が景色を邪魔する展望台?
中央アルプスの一部?と思われるがよくわからないピークが見えた

景色はイマイチだったけど石仏さんの笑顔に救われた

アップダウンはそれほどでもないのでピッチを上げて進む

中の茶屋に到着、茶屋でもお茶やお団子はありませんよ

気持ちのいい秋風が吹き抜ける中山道
昔の旅人はどんな気持ちでこの道を歩いたのだろうか?

ひたすら続く山道を歩く

喉が渇いた頃 冷たい山の水飲み場
じんわりかいた汗をプルプル洗った

一里塚の石碑が立つ小広い場所

坂道を登りきると水場と休憩所のある峰の茶屋に出た
少し先を左に登ると峠山の山頂だ

ピークは踏みたいものの、電車は2時間半に一本というアクセスの悪さ
縦走コースは4時間と記載されている
与えられたタイムリミットは3時間、藪原駅まではまだ距離半分地点
ピストンか縦走か迷った

せっかく宿場町をつなぐ中山道を歩いているんだからピストンはね〜
ピークは諦め早足で電車に間に合うように小走りで縦走しよう!

トチの木の群生地、立派な巨木が並んでいる
中でも「子産のトチ」とネーミングされた昔話が伝わるトチには大きな穴
捨て子が入っていたとか?

江戸方向から来た旅人が初めて御嶽山を見て拝むことができる場所に建てられた
という御嶽神社の裏側には展望地がある
ここもまた木々が邪魔した微妙な展望台だった

丸山公園にあるという「芭蕉の句碑」だが石碑が古いのと字が読めないのと
時間が足りないので観察できないという理由から句碑を確認できないまま進む

山道は下りにさしかかり、歩きやすい中山道、走り下った
途中、藪原方向の景色が開けていた
このコースの一番の展望地だったかも

再び石畳の道に出た

カラマツ林をポンと出ると消防署横の藪原方向からの登山口

奈良田宿より地味な藪原宿
お土産にご当地グルメのアーモンドクッキーを買い込む

電車のホームでクッキーをポリポリかじって電車を待つこと10分
長い鳥居トンネルを出ると奈良田駅に到着した

道の駅「木曽の大橋」シンボル

木曽の宿場町もいいけれど一度は歩いて欲しい中山道
きっと昔の旅人気分で峠を越えるステキなハイキングができるはず♪




17/09/13 19:24


ハンドル名
タイトル
コメント
 2000文字まで入力可。
認証私はロボットではありません。