ひとちが'凸凹山行日記♪
 
mail: pass:   

ひとちが
1965〜1969 生
静岡県 在
■ ホームページ ■
富士山発♪ ひとちが凸凹ライフ2
のんびりやの ひとしさんと あっけらかんとした ちがこさんの楽しい日常生活の記録だよん♪ 休日の山行記録を中心に綴るお気楽ライフの始まりだぁー!!

山行記録
山行記録 (579)
山行一覧(年別)
山行一覧(県別)
山行マップ
日本百名山 (128)
日本二百名山 (85)
日本三百名山 (43)

資料室画像
登録画像 (234)
画像一覧(年別)
画像一覧(県別)
スライド
画像マップ

記録
百名山の記録


山どんの資料室



 
 山行記事 MyPicture     


お山三年生♪

山名吾妻山(481m)  
山行日2017/05/26
山行時間4時間(休憩を含む)
山行ルート水道山P-トンビ岩-山頂-ピストンでP




大学寮に住む しょうたろう選手に車を届けるため群馬に向かった
ただ届けに行くだけじゃ寂しいので登り損ねていた吾妻山を登ることに

ちょっぴりスルムになった しょうたろう選手に車のキーをポンと渡し
大急ぎで目的の山がある桐生に移動

入り組んだ町中にある吾妻山の駐車場を目指したものの
道を間違え到着したのは水道山の駐車場!?

関東ふれあいの道として整備されている登山道は水道山、吾妻山とつながっている
新緑の美しい広い尾根道はファミリー向きのすてきなお散歩道

橋を渡って広場を通過、登山口の看板がある先からはゴロゴロ岩の
登りにくいコースに変わった

年長さんになったコハ、泣き言も言わなくなった
ズボンが泥だらけになっても気合で高い一歩を懸命よじ登る姿は感心する

汗が噴き出す トンビ岩に到着だ
桐生の町並みが一望できる展望地、岩の前は絶壁なので子供たちはやや引き気味
怖いと言いつつも岩の上で記念撮影♪

その先コースは男坂・女坂に分かれた
見上げるように急な岩場のコースにもかかわらず三年の間ですっかり山慣れした花は
ひとしさんと共に険しい男坂にチャレンジ

男坂と沿うようにゆるやかに登る女坂を小さなコハの手をひいて登る
男坂を登るふたりの姿がチラチラ見えた

先頭を歩き登るコースを見極めながらすいすい登っていく身軽な花
三点確保を忘れずに確実に登っていく姿に不安は感じられない

ひとりでも懸命に登ろうとがんばるコハ
最近 山がおもしろくなってきたらしい・・・

二人とも少しずつ山ガールに近づいている
ちょっと嬉しいのはジジババ・・・

山頂直前で合流、吾妻大権現のりっぱな祠がある山頂に
小広い山頂には休憩ベンチもたくさんある
記帳簿に名前を書き込み記念のメッセージを残した

ピストンで山を下る
駐車場手前からちょっと遠回りして水道山の展望台へ
たくさんの市民たちが景色のいい場所に陣取りお弁当♪

下山後はご褒美に?麓の桐生ヶ丘園地に寄り道、たくさん遊んで大満足
夕方にはキャンプ地の小平の里へ到着することができたよ

また一緒に山登ろうね♪


この日の写真はこちら
http://hitochiga.naturum.ne.jp/e2932580.html


17/06/12 14:50


ハンドル名
タイトル
コメント
 2000文字まで入力可。
認証私はロボットではありません。