ひとちが'凸凹山行日記♪
 
mail: pass:  17/05/01 07:40 

ひとちが
1965〜1969 生
静岡県 在
■ ホームページ ■
富士山発♪ ひとちが凸凹ライフ2
のんびりやの ひとしさんと あっけらかんとした ちがこさんの楽しい日常生活の記録だよん♪ 休日の山行記録を中心に綴るお気楽ライフの始まりだぁー!!

山行記録
山行記録 (561)
山行一覧(年別)
山行一覧(県別)
山行マップ
日本百名山 (127)
日本二百名山 (84)
日本三百名山 (42)

資料室画像
登録画像 (225)
画像一覧(年別)
画像一覧(県別)
スライド
画像マップ

記録
百名山の記録


Mountain's World
山どんの資料室

 

スタートから大事件!?

山名角落山(1393m)  
山行日2017/03/11
山行時間6時間30分(休憩を含む)
山行ルート霧積温泉P-ホイホイ坂-鼻曲山登山口-十六曲峠-剣の峰-東ノ峰-角落山-ピストンでP




早朝 登山口である霧積温泉に到着
普段ならささっと支度を済ませ駐車場から出発する
今回は違った・・・

駐車場には先人が二人、老人と中年男性
木に激突した衝撃で大破したらしい車?

この時の事件はこちら
http://hitochiga.naturum.ne.jp/e2886674.html

ようやく事件も一段落
開放され山に向かったもののテンション↓
今日は楽しい山歩きができるのだろうか?

なんだっけ?この坂の名前?
スタコラ坂 だっけ?

違いますよ
確か のんびり坂 みたいな・・・

ホイホイ坂を秘境の温泉まで登っていく
所々 親切にベンチが設置されていた

サンダル履きで来たらエラい目に合うね
せっかく温泉で足洗っても帰りは真っ黒け
夏場はまた汗かいちゃうかも・・・

そうですね、立ち寄り湯の人は迎えに来てもらえないのが
難点かもしれませんねぇ〜

うじゃうじゃ話しながら鼻曲山の分岐を過ぎ十六曲峠まで登る
おじいさんのことが気になって山どころぢゃない

尾根を巻くロープが張られた犬泣かせ・親泣かせと呼ばれるポイント
怖いと思いつつも上の空 心はおじいさんにあり

ここまで比較的 陽当りのよい南面だったので足元の心配はなかった
気がつくと積もった落ち葉の下は危険地帯になっている
日中の気温で溶けた残雪が夜間凍り落ち葉の下はアイスバーン

アイゼンを使うことを渋ったため滑って転び
いやというほどお尻をぶった(危ないと感じたら使いましょうね)

露岩を過ぎ剣の峰に到着
展望地からは正面に浅間隠山、左に浅間山が見える

景色を楽しんだ後、角落山方向に向かうと反対側から登山者がきた
スパイク長靴のおじさんだ
おじさんの話ではこの先の下りがヤバいらしい・・・

剣の峰の激下りに突入
溶け始めた残雪が盛り上がってなんとも歩きにくい
残雪は深い部分は足首ほど、ズボズボと埋まる

急坂なので足を滑らせれば斜面を滑落することになる
おっかなびっくり慎重に下り残雪地帯を通過

危険箇所に取り付けられた 鎖・ロープ場は特に難しくはない
手前の急坂で苦戦したので予想以上に角落山まで時間がかかってしまった

山頂にはケヤキ造りの角落神社と小さな石宮が祀られていた
昭和50年にはこの地を当時高校生だった浩宮さまが訪れたそうだ

神社の裏手の展望地から剣の峰から見えた景色と同じ北側の山並みを満喫
帰路はピストンで霧積温泉の駐車場に戻った

心配していた不幸なおじいさん、大破した車はすでになく
何事もなかったかのように秘境温泉の山の駐車場は静かだったよ


この日の写真はこちら
http://hitochiga.naturum.ne.jp/e2893291.html


17/03/30 11:32


ハンドル名
タイトル
コメント
 2000文字まで入力可。
認証
  左の画像の4桁の数字・英字
を記述して下さい。