ひとちが'凸凹山行日記♪
 
mail: pass:  17/05/01 07:41 

ひとちが
1965〜1969 生
静岡県 在
■ ホームページ ■
富士山発♪ ひとちが凸凹ライフ2
のんびりやの ひとしさんと あっけらかんとした ちがこさんの楽しい日常生活の記録だよん♪ 休日の山行記録を中心に綴るお気楽ライフの始まりだぁー!!

山行記録
山行記録 (561)
山行一覧(年別)
山行一覧(県別)
山行マップ
日本百名山 (127)
日本二百名山 (84)
日本三百名山 (42)

資料室画像
登録画像 (225)
画像一覧(年別)
画像一覧(県別)
スライド
画像マップ

記録
百名山の記録


Mountain's World
山どんの資料室

 

大林山

山名大林山(1333m)  
山行日2017/03/04
山行時間4時間30分(休憩を含む)
山行ルート坂上トンネル入口-九竜山コース9合目-山頂-新山分岐-八頭分岐-八頭山-坂上トンネル入口




登山口のある坂上トンネル横のスペースに車を駐車
八頭尾根から大林山に登ることにした

少し前、上田の烏帽子山に登った時、山頂でお話した地元の方に
付近で一番の山を訪ねたところ大林山を勧められた
特に積雪期が最高だと教えてもらった

入口の登山口の標識を確認して植林帯を少し登ると林道に出た
手持ちのガイドブックには林道の表示がない 
林道には進むべき方向の標識も赤テープもなかった

駐車スペースからここまでスノーシューのトレースが先導していた
トレースは林道と交差する枯れ沢に迷わず向かっている

う〜ん あっちだね たぶん

林道を歩いているトレースはなかった
ガイドブックにも林道表示はないんだから枯れ沢方向で間違いないだろう
疑うことなくトレースの後を追う

雪があるので歩けないこともないが足場はあまりよろしくない
塞ぐように倒木やゴロゴロした岩 赤テープもなし 沢幅も狭い

それでもトレースは怯むことなく真っ直ぐ枯れ沢を登っていく
次第に沢の両側の傾斜がキツくなり雪崩れてくるのではないかと
圧迫感を感じ不安になった

ようやく沢が終わると今度は雪の急斜面
陽が当たり融けた雪の上についたトレースは徐々に薄くなっていった
見失わないように窪んでいる部分を探しながら急登を必死で登る

おかしいね?
分岐ないしー

方向も違ってるみたいですけど
大丈夫でしょうか?

たぶんこのまま進んでもなんとかなるかも
但し、正規の登山道ではないことは確か

尾根にポンと出た
いったいここはどこなのか?
尾根の先に見えるのが大林山のピークなのか?

少し進むと木に「9合目」と看板が
ガイドブックと自分たちが登ってきたルートを照らし合わせると
雪山だからこそ登れる直登最短コースと判明した
たぶんトレースの主はこの山に精通している人なのだろう

マニアなコースのご案内
ありがとうございました・・・

大林山のピークからの景色は素晴らしかった
地元の人が一番だと勧めるのも納得

山頂にある立派な社のような記帳箱の中のノートに書き込みをし
帰路は正道コースの八頭尾根を下る

途中、数人の登山者とすれ違った
いったい自分たちがどこで間違えたのか検証せずにはいられない
ついでに展望はない八頭山のピークにも立ち寄る

登りで使ったルートと比べるとゆるやかに山を巻く
とはいえ、坂上トンネルまでは意外と長い

トンネル付近までくると林道にポンと出た
林道を歩いていくと駐車スペースに下る樹林帯の分岐

そ〜ゆ〜ことね・・・
林道横断して沢を登るんじゃなくて林道を右に少し歩けば
ちゃんと登山道の入口あったんだ!

出だし早々のポカミスに笑えた

毎週 登ったことのない山を歩く私達
完璧とはいえなくてもしっかり山調べしなきゃいけないと
今回も痛感した山行だった


*この日の山歩きの写真はこちら

http://hitochiga.naturum.ne.jp/e2892082.html


17/03/28 12:09


ハンドル名
タイトル
コメント
 2000文字まで入力可。
認証
  左の画像の4桁の数字・英字
を記述して下さい。