ひとちが'凸凹山行日記♪
 
mail: pass:  17/05/23 08:17 

ひとちが
1965〜1969 生
静岡県 在
■ ホームページ ■
富士山発♪ ひとちが凸凹ライフ2
のんびりやの ひとしさんと あっけらかんとした ちがこさんの楽しい日常生活の記録だよん♪ 休日の山行記録を中心に綴るお気楽ライフの始まりだぁー!!

山行記録
山行記録 (563)
山行一覧(年別)
山行一覧(県別)
山行マップ
日本百名山 (127)
日本二百名山 (84)
日本三百名山 (42)

資料室画像
登録画像 (227)
画像一覧(年別)
画像一覧(県別)
スライド
画像マップ

記録
百名山の記録


Mountain's World
山どんの資料室

 

がんばれおデブちゃん♪

山名大菩薩嶺(2057m)  
山行日2016/01/24
山行時間9時間(休憩を含む)
山行ルートゲート前駐車場-上日川峠-福ちゃん荘から唐松尾根-大菩薩嶺-妙見ノ頭-大菩薩峠-福ちゃん荘-上日川峠-駐車場




受験期の運動不足が祟ったのか体力が落ちておデブになった息子を連れて
厳冬期の雪山を計画した。

まだ私大の受験が始まったばかり、それでも山に登ろうなんてオバカな親子。

「普通は行かないんじゃない?」
「いいじゃん、もう一緒に登る機会も少ないことだしぃー」

それでなくても重たい冬靴、脂肪という荷物を背負った息子は出だしから
ヒイヒイ状態で足取りも遅く険しい顔・・・

「何もこんな大変な山登らなくても。。。」
風も強く気温も低く泣きっ面に蜂。

唐松尾根を登り稜線に出た。
白い雪が積もった大きな山は凛として心も身体も洗われるよう・・・

下山後 恨めし気な目でしばらくの間文句を言われ続けたけど きっと後の
辛い受験期間を乗り越えることのできるリフレッシュ山行になったに違いない。


と 母は勝手に思っている。
わはは。。。



comment:0 件 16/04/28 13:46




スリル満点! なが〜い鎖!

山名嵩山(789m)  
山行日2016/01/10
山行ルート道の駅 霊山たけやまー東登山口ー弥勒穴-大天狗ー中天狗-胎内くぐり-東登山口




榛名山を登ろうと車を飛ばしていたら偶然見つけてしまった山。
道の駅から見上げると大きな岩が・・・

駐車場にあった山の案内図を見たら もーがまんできない。
山変更決定!

後部座席の人たちが目を丸くして言った。
「なにがゆえにこの山?」

地元の方にアドバイス頂き、最短ルートの安全道を大天狗まで。

ハイライトの大天狗手前には大岩に鎖がつけられ這い登るコース。
初めての長い本格的な鎖場に7才の孫が挑む。

後方では4才の孫を抱えるような恰好で ひとしさんがサポート。
「ママは自分で登ってね、鎖放したら落っこって死んじゃうからね!」
山では何事も自己責任ですぅー。。。

大天狗の標識の前にこれまたでっかい岩がぽこんとある。
ここがピーク、最後の鎖を登った。

360度大パノラマ。
標高は高くはないけどスリル満点のドキドキ山行となった。

あ〜 楽しかった♪





comment:0 件 16/01/22 08:09




霧氷にうっとり♪

山名赤城山(1828m)  
山行日2016/01/09
山行ルート黒檜山登山口-黒檜山・山頂-ピストンで駐車場




雪のある山を目指して珍しく早起きして群馬に向かった。
今年は暖かく雪が降らない。
っていうか、静岡(富士宮)はほとんど雪とは無縁?

赤城神社から霧氷の頂の赤城山を眺め うっとり♪
登山口からゴロゴロ岩の登山道・・・
孫たちは登れるのか?

途中から4才の孫をストック電車で引き上げる。
安心、安心・・・
富士山の展望地付近(7合目)から雪の登山道。

ヤバい!簡易アイゼンは二組、山頂までは無理!
一瞬思ったものの、4才の孫以外は右足片方だけアイゼンを装着し
登れる所まで登ってみることにした。

次第に枯れ木は霧氷の花が咲く美しい白い世界となった。
青い空とのコントラストが素晴らしい・・・
見たことのない景色にママ・孫たち大感激!

そうだよね、こんな世界TVでしか見たことないっしょ!

山頂にはたくさんの登山者、下山も慎重に滑らない・転ばないを
注意しながら下った。

エラいぞ 山ガール&山幼児 ついでにママ

おかげさまで山行時間は5時間以上。
安全に下れてよかった、よかった。。。


comment:0 件 16/01/21 08:52




どろんこぼっこ!

山名竜ヶ岳(1485m)  
山行日2016/01/02
山行ルート本栖湖駐車場-竜ヶ岳登山口-第一ピーク-あずまや・石仏-山頂-竜ヶ岳登山口-本栖湖駐車場




毎年恒例のダラダラ12/31・1/1を過ごし、2日から山を再開♪
ダイヤモンド富士でも有名な竜爪山に登る。
とはいえ、冬は朝が寒いから どーしても出発時間が遅いため
ダイヤモンド富士は拝めない・・・ ははは。。。

山頂までは時間がかかりそうなので今日は途中にある東屋をピークを
予定していたが、意外にも孫たちが元気なので先に進んだ。

横には富士山、樹海。
年末に引き続き年始もやっぱり山日和。
さいこ〜♪

ところが、笹の登山道は日中気温が上昇すると霜が溶けてドロドロ・ヌカヌカ。
新品の孫たちの登山靴、たちまち泥だらけ・・・
オマケにズボンまでもが・・・

「ひゃぁ〜っ! 足が抜けない!」
悲鳴を上げる7才の孫。

下山するまで滑って転ばないことを祈るばかり。

帰宅すると泥だらけの山靴とズボンをゴシゴシ洗うババであった。





comment:0 件 16/01/21 08:26




お山の上の公園♪

山名岩殿山(634m)  
山行日2015/12/28
山行ルート岩殿山P〜ふれあいの館・丸山山頂〜岩殿山展望台〜烽火台・山頂(往復)




2015年最後の山はやっぱり孫たちと。

年末ともなると世間は慌ただしく、山登りをする人も少ない。
普段ならもっとたくさんの人が登っているはずの山も今日は閑散としている。
もったいないね山日和。

ゆるやかなハイキング道を九十九に登っていくと富士山がよく見える。
山頂からは麓の町も高速道路も・・・

「すごい! すごい!」
7才の孫が嬉しそうに叫んだ。

まるで公園のような展望広場から先にあるピークに向かう。
鉄塔の裏にひょろろんと立つ山頂標識は意外と地味。

桜の時期は花見を楽しむ人であふれかえる岩殿山。
今度はお弁当持って登ろうね♪

*山バッジはふれあいの館が閉館の場合、大月駅前の観光案内所で購入できます。



comment:0 件 16/01/21 08:07




冬うらら?

山名竜爪山(1051m)  
山行日2015/12/20
山行ルート穂積神社からピストン




数年前、時間オーバーで薬師岳までしか行けなかったので
今回はファミリーで文殊岳まで登ってみた。
この山も息子が高校の山岳部のボッカで登っている山だ。

穂積神社の裏手の夫婦杉を眺め、延々と続く鉄の階段を上る。
普段の生活ではこんなに階段上ることなんかないよね・・・
階段のぼらなきゃ山頂にはつけないんだけどね・・・

眉間にシワを寄せてイヤイヤアピール、なかなか登ってくれない4才の孫・・・
頼むよ、がんばって登ってくれ!

薬師の標識を過ぎ文殊に到着。
冬うらら、日差しも暖かくたくさんの登山者に交じってベンチに腰かけた。

声をかけてくれた登山者は 山友の山友?
山の上から駿河湾を眺め今日も家族で登れたことを感謝した。

*山バッジは穂積神社で購入できます。




comment:0 件 16/01/21 07:53




2015/12/12

山名畔ヶ丸山(1293m)  
山行日2015/12/12
山行ルート道志の森コテージP(9:30)-東屋-分岐(11:10)-白石峠-水晶沢ノ頭-シャガクチ丸-バン木ノ頭(12:20-12:30)-モロクボ沢ノ頭(1:00)-畦ヶ丸避難小屋-山頂(1:20-1:40)-モロクボ沢ノ頭(2:00)-菰釣山方面降下点より野外活動センター方向へ下山(2:15)-キャンプ場跡(2:40)-的様-駐車場(3:30)




詳しくは、...あ゛ーっ!?


comment:0 件 15/12/22 10:32




お墓から愛の鐘?

山名白鳥山(568m)  
山行日2015/12/06
山行ルート登山口(本成寺わき)-七面宮跡地-山頂(-七面宮跡地-登山口




山頂直下まで車でアクセスできる山。
やっぱり自分の足で登らなくっちゃね!
ってことでお墓の横の登山口からスタート。

誰とも会うことなく山頂まで登り、誰とも会うことなく
駐車場まで戻るという 久しぶりにファミリーだけの
静かな山歩きだった。

標高が低いためか この時期に入っても虫がうるさい。
シャボン玉で遊ぶ孫たちを眺めながら
『いったい何しに来たのか?』と笑ってしまった。

麓も山も孫たちには遊び場なんだろう。


comment:0 件 16/01/20 20:14




金時ばあちゃん こんにちわ!

山名金時山(1213m)  
山行日2015/11/28
山行ルート乙女峠登山口-乙女峠-長尾山-金時山-ピストンで登山口




今日は4才の孫が風邪っぴき。
ママと留守番させて7才の孫と三人で登った。

嬉しいのはお荷物の4歳児がいないこと。
ペースよくズンズン登る。

人気のある金時山は登山者でいっぱい。
山頂には溢れかえる程の人がランチを楽しんでいた。

7才の孫は茶屋の三つ編みのばーちゃんを見ながら
嬉しそうに言った。
「ばーちゃんも昔はお姉さんだったんだよね!」(笑)

そーそー そういうこと。
金太郎だって生きてれば ヨロヨロのおじいさんだもんね!


comment:0 件 16/01/20 20:01




SLが走る静岡の山♪




蕎麦粒山の手前に位置する大札山。
駐車場からも展望がよく、山頂は南東の景色がいい。
裏手にまわると南アルプス南部の白い頂を見ることができる。

4才の孫は今回やる気がなく泣きわめいて登った。
「歩かないとおいていくよ」と言われ更に逆ギレ。

同時刻登っていた登山者からは[虐待]ではないかと疑われたかも。。。
って どんだけスパルタ?(笑)

7才の孫が同じ年には まだまだ無理かと諦めていたけど、
二人目は気の毒で容赦なし?

ま それだけ強くなるっしょ!


comment:0 件 16/01/20 19:52