ひとちが'凸凹山行日記♪
 
mail: pass:   

ひとちが
1965〜1969 生
静岡県 在
■ ホームページ ■
富士山発♪ ひとちが凸凹ライフ2
のんびりやの ひとしさんと あっけらかんとした ちがこさんの楽しい日常生活の記録だよん♪ 休日の山行記録を中心に綴るお気楽ライフの始まりだぁー!!

山行記録
山行記録 (596)
山行一覧(年別)
山行一覧(県別)
山行マップ
日本百名山 (131)
日本二百名山 (86)
日本三百名山 (44)

資料室画像
登録画像 (238)
画像一覧(年別)
画像一覧(県別)
スライド
画像マップ

記録
百名山の記録


山どんの資料室



 
 山行記事 MyPicture     


スタートから大事件!?

山名角落山(1393m)  
山行日2017/03/11
山行時間6時間30分(休憩を含む)
山行ルート霧積温泉P-ホイホイ坂-鼻曲山登山口-十六曲峠-剣の峰-東ノ峰-角落山-ピストンでP




早朝 登山口である霧積温泉に到着
普段ならささっと支度を済ませ駐車場から出発する
今回は違った・・・

駐車場には先人が二人、老人と中年男性
木に激突した衝撃で大破したらしい車?

この時の事件はこちら
http://hitochiga.naturum.ne.jp/e2886674.html

ようやく事件も一段落
開放され山に向かったもののテンション↓
今日は楽しい山歩きができるのだろうか?

なんだっけ?この坂の名前?
スタコラ坂 だっけ?

違いますよ
確か のんびり坂 みたいな・・・

ホイホイ坂を秘境の温泉まで登っていく
所々 親切にベンチが設置されていた

サンダル履きで来たらエラい目に合うね
せっかく温泉で足洗っても帰りは真っ黒け
夏場はまた汗かいちゃうかも・・・

そうですね、立ち寄り湯の人は迎えに来てもらえないのが
難点かもしれませんねぇ〜

うじゃうじゃ話しながら鼻曲山の分岐を過ぎ十六曲峠まで登る
おじいさんのことが気になって山どころぢゃない

尾根を巻くロープが張られた犬泣かせ・親泣かせと呼ばれるポイント
怖いと思いつつも上の空 心はおじいさんにあり

ここまで比較的 陽当りのよい南面だったので足元の心配はなかった
気がつくと積もった落ち葉の下は危険地帯になっている
日中の気温で溶けた残雪が夜間凍り落ち葉の下はアイスバーン

アイゼンを使うことを渋ったため滑って転び
いやというほどお尻をぶった(危ないと感じたら使いましょうね)

露岩を過ぎ剣の峰に到着
展望地からは正面に浅間隠山、左に浅間山が見える

景色を楽しんだ後、角落山方向に向かうと反対側から登山者がきた
スパイク長靴のおじさんだ
おじさんの話ではこの先の下りがヤバいらしい・・・

剣の峰の激下りに突入
溶け始めた残雪が盛り上がってなんとも歩きにくい
残雪は深い部分は足首ほど、ズボズボと埋まる

急坂なので足を滑らせれば斜面を滑落することになる
おっかなびっくり慎重に下り残雪地帯を通過

危険箇所に取り付けられた 鎖・ロープ場は特に難しくはない
手前の急坂で苦戦したので予想以上に角落山まで時間がかかってしまった

山頂にはケヤキ造りの角落神社と小さな石宮が祀られていた
昭和50年にはこの地を当時高校生だった浩宮さまが訪れたそうだ

神社の裏手の展望地から剣の峰から見えた景色と同じ北側の山並みを満喫
帰路はピストンで霧積温泉の駐車場に戻った

心配していた不幸なおじいさん、大破した車はすでになく
何事もなかったかのように秘境温泉の山の駐車場は静かだったよ


この日の写真はこちら
http://hitochiga.naturum.ne.jp/e2893291.html


comment:0 件 17/03/30 11:32



 山行記事 MyPicture     


鏡台山

山名鏡台山(1269m)  
山行日2017/03/05
山行時間4時間(休憩を含む)
山行ルート和平キャンプ場-登山口-黒柏木山-南峰-北峰-ピストンで和平キャンプ場




駐車場から雪の積もった畑?の中の狭い車道らしき道を登山口まで歩く
和平は太平洋戦争後の食糧難時代、先人が1000メートル超の高所に
入植し苦労を重ね開墾した高原だ

立派な標識がついた登山口の登り口は急登
トレースはなく、足首程の雪を踏みながら最初のピーク黒柏木を越える

ロープのつけられた急坂を下り鏡台山の南峰に向かった
南方向の展望が開けた南峰からは雪の北アルプスの峰々が
ラインダンスをしているように見える
この景色が見たくて鏡台山には積雪期に登ろうと決めていた

広い山頂にはまだ新しい石の山頂標識が立っていた
2005年、地元の勇士たちが山頂標識(重さ80キロ)、台座(60キロ)
の石柱を台車に乗せて3回に分け苦労して運んだそうだ
石柱の下にはタイムカプセルを埋めたとのこと

雪の中から顔を出している石柱によりかかるとグラリ慌てて飛びのいた
台座との結合が悪いのか? ってよりかかったりしちゃダメだよね・・・

千曲市姨捨から凹状部に月が昇る鏡台山の鞍部を北峰へ
大正時代、更埴地域の子供たちが運動会を行ったといわれる場所

展望はないが立派な北峰の標識と鐘
この山の上の小広場で子供たちが運動会なんて到底考えつかないね
昔の子供は体力あったんだね、感心 感心・・・

今度は姨捨の里から棚田と鏡台山に昇る名月の絶景をゆっくり
眺めてみたいと思う


この日の写真はこちら

http://hitochiga.naturum.ne.jp/e2892983.html


comment:0 件 17/03/29 16:29



 山行記事 MyPicture     


大林山

山名大林山(1333m)  
山行日2017/03/04
山行時間4時間30分(休憩を含む)
山行ルート坂上トンネル入口-九竜山コース9合目-山頂-新山分岐-八頭分岐-八頭山-坂上トンネル入口




登山口のある坂上トンネル横のスペースに車を駐車
八頭尾根から大林山に登ることにした

少し前、上田の烏帽子山に登った時、山頂でお話した地元の方に
付近で一番の山を訪ねたところ大林山を勧められた
特に積雪期が最高だと教えてもらった

入口の登山口の標識を確認して植林帯を少し登ると林道に出た
手持ちのガイドブックには林道の表示がない 
林道には進むべき方向の標識も赤テープもなかった

駐車スペースからここまでスノーシューのトレースが先導していた
トレースは林道と交差する枯れ沢に迷わず向かっている

う〜ん あっちだね たぶん

林道を歩いているトレースはなかった
ガイドブックにも林道表示はないんだから枯れ沢方向で間違いないだろう
疑うことなくトレースの後を追う

雪があるので歩けないこともないが足場はあまりよろしくない
塞ぐように倒木やゴロゴロした岩 赤テープもなし 沢幅も狭い

それでもトレースは怯むことなく真っ直ぐ枯れ沢を登っていく
次第に沢の両側の傾斜がキツくなり雪崩れてくるのではないかと
圧迫感を感じ不安になった

ようやく沢が終わると今度は雪の急斜面
陽が当たり融けた雪の上についたトレースは徐々に薄くなっていった
見失わないように窪んでいる部分を探しながら急登を必死で登る

おかしいね?
分岐ないしー

方向も違ってるみたいですけど
大丈夫でしょうか?

たぶんこのまま進んでもなんとかなるかも
但し、正規の登山道ではないことは確か

尾根にポンと出た
いったいここはどこなのか?
尾根の先に見えるのが大林山のピークなのか?

少し進むと木に「9合目」と看板が
ガイドブックと自分たちが登ってきたルートを照らし合わせると
雪山だからこそ登れる直登最短コースと判明した
たぶんトレースの主はこの山に精通している人なのだろう

マニアなコースのご案内
ありがとうございました・・・

大林山のピークからの景色は素晴らしかった
地元の人が一番だと勧めるのも納得

山頂にある立派な社のような記帳箱の中のノートに書き込みをし
帰路は正道コースの八頭尾根を下る

途中、数人の登山者とすれ違った
いったい自分たちがどこで間違えたのか検証せずにはいられない
ついでに展望はない八頭山のピークにも立ち寄る

登りで使ったルートと比べるとゆるやかに山を巻く
とはいえ、坂上トンネルまでは意外と長い

トンネル付近までくると林道にポンと出た
林道を歩いていくと駐車スペースに下る樹林帯の分岐

そ〜ゆ〜ことね・・・
林道横断して沢を登るんじゃなくて林道を右に少し歩けば
ちゃんと登山道の入口あったんだ!

出だし早々のポカミスに笑えた

毎週 登ったことのない山を歩く私達
完璧とはいえなくてもしっかり山調べしなきゃいけないと
今回も痛感した山行だった


*この日の山歩きの写真はこちら

http://hitochiga.naturum.ne.jp/e2892082.html


comment:0 件 17/03/28 12:09



 山行記事 MyPicture     


2017/02/18

山名戸神山(772m)  
山行日2017/02/18
山行ルート戸神神社-鉱石跡コース-山頂-林道コース-戸神神社




詳しくは、...み〜つけた♪


comment:0 件 17/03/21 18:36



 山行記事 MyPicture     


立処山(たとろやま)

山名立処山(735m)  
山行日2017/02/05
山行時間2時間(休憩を含む)
山行ルート古鉄橋P-立処鍾乳洞-山頂-ピストンでP




前日宿泊した宿のご主人は猟師さんだ
翌日は 気さくなご主人のご厚意で猟師さんたちに
同行させてもらい ヤマドリ猟の見学に出かけた

あわよくば・・・
やまどりの羽がもらえるかも

のこのこ おじさんたちの車の後についていったものの
やまどりは姿を見せることなく不発に終わった

おまけに狭い林道の落石でタイヤを破損
パンクは免れたものの 帰りの高速が心配だ

おじさんたちは移動して大物猟に向かった
お別れした ひとちがは やまどりの猟場につながっている
里山をちょこっと登ってから帰ることにした

立処山は群馬県神流町、R299とR462が交差する場所にある
古鉄橋の麓には駐車場、短時間で登ることができる里山

さっそく たらの畑を横断して山にとりついた
灰石岩でできた山は枯葉が積もり九十九に登山道が続く

「鍾乳洞まであと〇〇m」と記載された看板を見ながら
鍾乳洞の入口まで登って行った

鍾乳洞の入口は狭く中を見ると積もった枯葉と
錆びた鎖がチラリと見える

元々 予定していた山ではなかったので鍾乳洞のことすら知らなかった
地図には「ヘルメット・ライト必要」と記載

恐々中に入ってみた
入口から光が当たる場所は問題ないが鎖を辿って進めば
吸い込まれるように下に鍾乳洞は続いているように見えた

鍾乳洞の出入りは自由とのこと
観光化されていないので面白そう
こないとわかりつつも呼んでみた

「ひとしさ〜ん おいでよ〜っ!」

「わたしはいいですぅー」

やっぱりね・・・
冒険できなくてちょっと残念だった

稜線手前の登りは傾斜がきつく足場が悪い
山斜面はざらざらと崩れやすい上、枯葉が積もっている場所は
足が滑り登るも下るも一苦労
お助けロープがあるので上手く使おう

稜線に出た 猟場につながる尾根道と交差
登山者が入るような尾根ではない
今にも おじさんたちの撃つ鉄砲の音が聞こえそうだった

先に進んで岩場を一登りすると立処山の山頂に♪

お天気はしぐれ模様
空はグレーで周囲の山も黒く沈んでいる
山頂標識の先には削られた叶山
その後ろにぴょこんと双子山の西岳が見えた


comment:0 件 17/02/13 13:04



 山行記事 MyPicture     


2017/02/04

山名二子山(1166m)  
山行日2017/02/04
山行ルート二子山登山口(坂本)-二子山西登山口(河原沢)-魚尾道峠-ローソク岩分岐-坂本降下点-西峰-西岳(中央峰)-東峰-上級コースから股峠-東岳-股峠-双子山登山口




詳しくは、...スリル満点!岩山縦走♪


comment:0 件 17/02/10 13:08



 山行記事 MyPicture     


2017/01/07

山名奥三界山(1810m)  
山行日2017/01/07
山行ルート夕森ふれあいキャンプ場P-ゲート-川上林道起点-奥くらがり渓谷-林道終点-山頂-ピストンでP




詳しくは、...ブカブカブーツ♪


comment:0 件 17/01/17 09:46



 山行記事 MyPicture     


2017/01/02

山名稲包山(1598m)  
山行日2017/01/02
山行ルート赤沢スキー場P-ムタコ沢林道-秋小屋沢橋(登山口)-下の鉄塔-巨大鉄塔-稲包山-ピストンでP




詳しくは、...雪山ファイター 2017♪


comment:0 件 17/01/13 19:09



 山行記事 MyPicture     


2016/12/30

山名八ヶ岳(2899m)  
山行日2016/12/30
山行ルート美濃戸(赤岳山荘P)-南沢コース-行者小屋-地蔵尾根-山頂-文三郎尾根-行者小屋-南沢コース-P




詳しくは、...2016年 〆の山♪


comment:0 件 17/01/12 18:58



 山行記事 MyPicture     


2016/12/25

山名御岳山(576m)  
山行日2016/12/25
山行ルートほたる山公園P-御岳登山口-山頂-ピストンでP




詳しくは、...冬の花♪


comment:0 件 17/01/06 10:02


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> 全 596 件