ひとちが'凸凹山行日記♪
 
mail: pass:  17/02/20 01:50 

ひとちが
1965〜1969 生
静岡県 在
■ ホームページ ■
富士山発♪ ひとちが凸凹ライフ2
のんびりやの ひとしさんと あっけらかんとした ちがこさんの楽しい日常生活の記録だよん♪ 休日の山行記録を中心に綴るお気楽ライフの始まりだぁー!!

山行記録
山行記録 (552)
山行一覧(年別)
山行一覧(県別)
山行マップ
日本百名山 (127)
日本二百名山 (84)
日本三百名山 (42)

資料室画像
登録画像 (216)
画像一覧(年別)
画像一覧(県別)
スライド
画像マップ

記録
百名山の記録


Mountain's World
山どんの資料室

 

立処山(たとろやま)

山名立処山(735m)  
山行日2017/02/05
山行時間2時間(休憩を含む)
山行ルート古鉄橋P-立処鍾乳洞-山頂-ピストンでP




前日宿泊した宿のご主人は猟師さんだ
翌日は 気さくなご主人のご厚意で猟師さんたちに
同行させてもらい ヤマドリ猟の見学に出かけた

あわよくば・・・
やまどりの羽がもらえるかも

のこのこ おじさんたちの車の後についていったものの
やまどりは姿を見せることなく不発に終わった

おまけに狭い林道の落石でタイヤを破損
パンクは免れたものの 帰りの高速が心配だ

おじさんたちは移動して大物猟に向かった
お別れした ひとちがは やまどりの猟場につながっている
里山をちょこっと登ってから帰ることにした

立処山は群馬県神流町、R299とR462が交差する場所にある
古鉄橋の麓には駐車場、短時間で登ることができる里山

さっそく たらの畑を横断して山にとりついた
灰石岩でできた山は枯葉が積もり九十九に登山道が続く

「鍾乳洞まであと〇〇m」と記載された看板を見ながら
鍾乳洞の入口まで登って行った

鍾乳洞の入口は狭く中を見ると積もった枯葉と
錆びた鎖がチラリと見える

元々 予定していた山ではなかったので鍾乳洞のことすら知らなかった
地図には「ヘルメット・ライト必要」と記載

恐々中に入ってみた
入口から光が当たる場所は問題ないが鎖を辿って進めば
吸い込まれるように下に鍾乳洞は続いているように見えた

鍾乳洞の出入りは自由とのこと
観光化されていないので面白そう
こないとわかりつつも呼んでみた

「ひとしさ〜ん おいでよ〜っ!」

「わたしはいいですぅー」

やっぱりね・・・
冒険できなくてちょっと残念だった

稜線手前の登りは傾斜がきつく足場が悪い
山斜面はざらざらと崩れやすい上、枯葉が積もっている場所は
足が滑り登るも下るも一苦労
お助けロープがあるので上手く使おう

稜線に出た 猟場につながる尾根道と交差
登山者が入るような尾根ではない
今にも おじさんたちの撃つ鉄砲の音が聞こえそうだった

先に進んで岩場を一登りすると立処山の山頂に♪

お天気はしぐれ模様
空はグレーで周囲の山も黒く沈んでいる
山頂標識の先には削られた叶山
その後ろにぴょこんと双子山の西岳が見えた


comment:0 件 17/02/13 13:04




2017/02/04

山名二子山(1166m)  
山行日2017/02/04
山行ルート二子山登山口(坂本)-二子山西登山口(河原沢)-魚尾道峠-ローソク岩分岐-坂本降下点-西峰-西岳(中央峰)-東峰-上級コースから股峠-東岳-股峠-双子山登山口




詳しくは、...スリル満点!岩山縦走♪


comment:0 件 17/02/10 13:08




2017/01/07

山名奥三界山(1810m)  
山行日2017/01/07
山行ルート夕森ふれあいキャンプ場P-ゲート-川上林道起点-奥くらがり渓谷-林道終点-山頂-ピストンでP




詳しくは、...ブカブカブーツ♪


comment:0 件 17/01/17 09:46




2017/01/02

山名稲包山(1598m)  
山行日2017/01/02
山行ルート赤沢スキー場P-ムタコ沢林道-秋小屋沢橋(登山口)-下の鉄塔-巨大鉄塔-稲包山-ピストンでP




詳しくは、...雪山ファイター 2017♪


comment:0 件 17/01/13 19:09




2016/12/30

山名八ヶ岳(2899m)  
山行日2016/12/30
山行ルート美濃戸(赤岳山荘P)-南沢コース-行者小屋-地蔵尾根-山頂-文三郎尾根-行者小屋-南沢コース-P




詳しくは、...2016年 〆の山♪


comment:0 件 17/01/12 18:58




2016/12/25

山名御岳山(576m)  
山行日2016/12/25
山行ルートほたる山公園P-御岳登山口-山頂-ピストンでP




詳しくは、...冬の花♪


comment:0 件 17/01/06 10:02




2016/12/24

山名高岩(1084m)  
山行日2016/12/24
山行ルート東登山口-大岩祠-コル-雄岳北P-雄岳本峰-コル-雌岳P1-雌岳P3(本峰)-中継アンテナ-西登山口-東登山口




詳しくは、...ロックキャッスル♪


comment:0 件 16/12/29 19:48




2016/12/17

山名髻山(744m)  
山行日2016/12/17
山行ルート平出コースP-謙信馬洗いの池-泥の木古墳-馬隠し山頂-ピストンでP




詳しくは、...白いふわふわ♪


comment:0 件 16/12/19 14:29




2016/12/10

山名二児山(2243m)  
山行日2016/12/10
山行ルート黒川牧場上の池P-林道コース-東峰-尾根コース-P




詳しくは、...まぼろしの山♪


comment:0 件 16/12/13 10:32




筑北村 岩殿山

山名岩殿山(1008m)  
山行日2016/12/04
山行時間5時間15分
山行ルート岩殿寺登山口(寺沢ダムP)-九頭竜神社-雷神社-学問行者墓地-奥ノ院-三所権現山頂-兜岩-三角点山頂-兜岩-奥ノ院-ピストンでP





ドロドロ ヌカヌカの悪路の細い林道を車は行く
駐車場からほぼ同時に二人のおねえさんたちとスタート

しばらく沢沿いの林道を歩くと鉄梯子、山にとりついた
高さ10m程の巨岩の九頭竜神社を過ぎ 風と雷の神を祀る雷神社を通過
枯葉の積もった細い高巻きの道は歩きにくく怖い

岩殿山は断崖絶壁の地形で以前登った近くの京ヶ倉とよく似ている
山岳修験の山なので学業行者墓地、千手観音洞窟等の信仰遺跡がある

稜線の分岐に到着、熊野三所権現奥ノ院に向かう
大きな岩窟内に木の社が安置されているが中は空
三体の権現像は里の岩殿寺に現在は祀られているのだ

洞穴の天井には蜂の巣状の小穴がたくさん開いている
以前登った近くの大姥山にもこれと同じ穴がある

奥ノ院の大岩の左右には三所権現山頂に向かうルートがあり
向かって左は下って大岩に沿って鎖場を通過するコース
右は鎖を使って大岩を登るコース

おねえさんたちの声と山鈴を頼りに左コースに向かう

里の人たちは三所権現が最高地点なので岩殿山と呼んでいるそうだ
しかし展望のない狭い山頂には何もない
『山頂はここでいいのか?』 疑問が生じた

しばらく先の尾根を進んでみるものの
蟻の塔渡りのような馬ノ背を境に道はない

先行していたおねえさんたちも引き返してきた
彼女たちも山頂がイマイチよくわからないらしい
しばらく立ち話、いらぬ長い話に付き合ってもらう

奥ノ院へ右コースを使って一端下る
稜線の分岐から反対方向に「山頂まであと〇〇m」と
記載された看板があったことを思い出した まさか?

展望のいい岩の上に登ると尾根伝いに高いピークが見えた
先を行くおねえさんたちが岩の上で景色を眺め山ランチ中

東に四阿屋山、北に遠く昨日登った烏帽子岳、西には北アルプスの絶景
空は青くないけれど満足のいく景色♪

「あっちが山頂みたいですよー」
大きな声でおねえさんが叫んでいる

行くべきか? 行かぬべきか?
しばらく兜岩から山頂を目指すおねえさんたちを観察

足場の悪い細い岩の断崖絶壁の尾根を下り
颯爽と楽しそうに樹林帯に突入する二人の姿を眺めた
若くパワフルな二人が羨ましい

しばらくすると「おーい♪ 聞こえますか?」と声が聞こえた

「聞こえるよ〜っ!」叫び返す

「やっぱりこっちが山頂みたいです!」

せっかく声をかけてくれているのに行かない手はない

「どうします? 展望もない樹林帯の山頂ですよ」

わかっているけどやめられない 大急ぎで後を追う
樹林帯から別所公民館コースの分岐を経て山頂に向かった

展望のない山頂に立つ標高1007.5m 地味な三角点があるのみ
それでもいいのだ

おそろいのハットをかぶったパワフルなおねえさんたち
ちがこさん命名 その名も【ピーナツ】

いつもと違う賑やかな雰囲気に後方で鼻の下が伸びた人も大満足?

ピストンで駐車場に戻る

「それじゃ気をつけてね またね♪」

「ピーナツがんばりまぁ〜す!」

結果的にパーティー山行みたいになっちゃったけど
おねえさんたちと山頂探しの楽しい山歩きになった


comment:2 件 16/12/08 15:21


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11   全 552 件