hiro's Page
 
mail: pass:  17/03/30 00:11 

hiro

山行記録
山行記録 (14)
山行一覧(年別)
山行一覧(県別)
山行マップ
日本百名山 (3)
日本二百名山 (4)
日本三百名山 (1)

資料室画像
登録画像 (60)
画像一覧(年別)
画像一覧(県別)
スライド
画像マップ


Mountain's World
山どんの資料室

 

念願の景鶴山

山名景鶴山(2004m)  
山行日2013/05/08
山行時間たっぷり休憩込み12時間
山行ルート4:50鳩待峠-7:00ヨッピ橋-9:25与作岳-10:30景鶴山-12:10与作岳-13:201538m点-13:50ヨッピ橋-16:45鳩待峠




景鶴山は積雪期のみ登山可能なため、毎年予定していたが天候や仕事で都合がつかず延び延びになっていた。念願かなって今回ようやく登ることができた。
天気予報は群馬:晴れ時々曇り福島:曇りのち晴れ
ということで午後には天候が回復し絶景を期待しての登頂、ルートはケイズル沢からケイズル尾根で登り帰りは尾根コースと予定したが思いの外気温が高く雪がゆるんでいたのでこのコースはあきらめて往復尾根コースとなってしまった。
天気予報通りで昼から晴れ、山頂では絶景は拝めなかったが帰りに与作岳付近からの景色を堪能した。
この山は、鳩待峠から距離があり(今回往復で25km程度)日帰りではつらい。龍宮あたりに一泊しゆっくり歩くのが良いと感じた。


comment:0 件 13/05/15 22:15




中ゴー尾根から谷川岳

山名谷川岳(1977m)  
山行日2011/10/04
山行時間10時間(休憩・食事1時間30分含)
山行ルート谷川温泉5:20-6:40二俣6:50-(中ゴー尾根)-10:50オキの耳11:40-13:30天神峠13:35-(保登野沢)-15:20谷川温泉




 前々から中ゴー尾根を登ってみたいと思っていたのですが、谷川温泉から二俣までの間はヤマヒルの生息地で活動期には歩きたくない。
そんなこんなでなかなか登れなかったのですが、10/4は前日に雪が降ったのでチャンスと思い歩いてみました。一応逃避剤はスプレーしたのですがヒルを見ることもなく歩くことができました。
 山頂は雪も残っており「雪と紅葉」、また遠望もよく富士山や南アルプスも望むことができ素晴らしい山行となりました。

 以下にコース状況を案内します。

@谷川温泉から二俣
 単管で作った橋が4か所ほどあり踏み板が腐食していのと滑りやすいので注意
 牛首から川岸の岩の上を歩くのでスリップ注意

A中ゴー尾根
 取付きからすぐに急登が始まり、木の根やロープを補助に登ります。樹林帯を抜けると左に幕岩、正面右に肩ノ小屋、右手に天神尾根がみえ気分も楽になりますが、相変わらずの急登で露岩帯となります。景色を堪能しながらしばらく進むと県境の稜線に出てあと500mほどでトマノ耳へつきます。
 この尾根を下りに使う場合慎重な行動が必要と思われます。
 私見ですが西黒尾根よりきついと思われます。

B天神尾根
 特に問題なし

C保登野沢
 天神平スキー場から谷川温泉へ下るルートで上部は少し荒れています。途中から送電線巡視路と兼用になりそこからは良く手入れされていました。途中4回ほど渡渉がありますので増水時注意です。

  


comment:1 件 11/10/15 18:34




榛名湖周辺の山をほぼ一周

山名榛名山(1449m)  
山行日2009/11/24
山行時間7時間40分(休憩込)
山行ルート6:50ヤセオネ峠-7:25相馬山-8:05ヤセオネ峠=(車)=8:20榛名湖畔-9:00榛名富士9:15-9:40烏帽子山登山口-10:10烏帽子山10:30-11:00鬢櫛山11:10-11:40硯岩12:00-12:35掃部ヶ岳12:45-13:35氷室山-13:55天目山14:00-14:30榛名湖畔




comment:0 件 09/11/25 16:56




2009/04/06

山名阿能川岳(1611m)  
山行日2009/04/06
山行時間7時間(休憩含む)
山行ルート6:00仏岩トンネル〜6:25赤谷越〜8:50三岩山〜9:10阿能川岳
10:10阿能川岳〜10:30三岩山〜12:50赤谷越〜13:00仏岩トンネル




谷川岳東面のスポットは白毛門から,阿能川岳は谷川岳南面(谷川岳〜俎ぐら〜万太郎〜仙ノ倉)が一望できる場所です。
ただし,登山道が整備されていないので無雪期は藪になり歩きにくいようです。
最適な時期は残雪期の3月下旬〜4月中旬だと思います。
ルートは比較的緩やかですが,途中に岩峰帯の通過があり慎重を要す。(アイゼンはあったほうが良い)
今回は天候に恵まれ素晴らしい眺望でした。


comment:0 件 09/04/09 22:45




2009/03/30

山名吾妻耶山(1341m)   大峰山(1255m)  
山行日2009/03/30
山行時間4時間45分(休憩含む)
山行ルート8:50仏岩トンネル〜10:20吾妻耶山10:50〜11:40大峰山12:00〜13:35仏岩トンネル(吾妻耶山中腹コース経由)




吾妻耶山は仏岩トンネルから1時間30分程度で登れ,群馬県とその周辺の百名山が展望できます。
登山道は特に危険なところは無いが,中腹コースはトレースがなく標識もあまりないので天候が悪いときは道迷いに注意が必要。


comment:0 件 09/04/09 23:16




2008/10/12

山名武能岳(1760m)   谷川岳(1977m)   一ノ倉岳(1974m)   茂倉岳(1978m)  
山行日2008/10/12
山行時間10時間13分(休憩含む)
山行ルートロープウェイ駐車場〜マチガ沢〜巌剛新道〜トマノ耳〜谷川岳〜一ノ倉岳〜茂倉岳〜武能岳〜蓬峠〜ロープウェイ駐車場




10/12 紅葉まっさかりの谷川岳馬蹄コース西側縦走

 昨日の雨がまだ影響しているのか北の空は曇天。しかし天気予報は晴れ,登頂中晴れることを期待したい・・・
 国道が交通規制のためロープウェイ駐車場に車を止め巌剛新道口まで歩くこと25分登山口に5時50分到着
 緩やかな樹林帯を35分ほど行くとマチガ沢の眺望がよい第一見晴に着く,この後急坂となるので小休憩。周りを見渡すと紅葉が素晴らしい。
 あまりのんびりできないので5分ほどで出発。鎖,鉄梯子のある急登を20分ほど登ると西黒尾根からの登山道と合流するガレ沢ノ頭へ到着。ここで樹林帯が終わり眺望が素晴らしい。しかし山頂方面はガスで望めない。
 氷河の跡の一枚岩,ザンゲ岩を通過し肩ノ小屋8時20分到着。
 今朝は相当冷え込んだのだろう,ベンチや木々は氷結している。風も強く・冷たいので,とても外では休憩できない。山小屋の中で休憩することに。泊まり客も大勢いて賑やかだった。
 ここで天候が回復するまで待ちたいが,今日の行程はロングコースゆっくりもしていられないので15分ほど出発。
 山頂へ到着したものの眺望なし,時折ガスの切れ目からみえる南面の稜線が美しい。晴れるのはまだ時間がかかりそうなので,山頂からの眺望はあきらめ先に進むことに。
 ガスの切れ目からの展望を楽しみながら歩を進める。今年の紅葉は,来たタイミングが良いのだろうか,岩の白さに赤が映えている。
 一ノ倉沢が真下に見えるノゾキという場所がありここから下を見ていると吸い込まれそうである。そんな場所の一角にある岩場を見ると大勢のクライマー達が岩にへばりついているのが見える。すごいものだと感心する・・・
 一ノ倉岳を通過し茂倉岳到着10:20分 ここへきてようやくガスがきれはじめた。あと2時間早く上がっていればと思いつつ・・・
 しかし,これから歩く武能岳への稜線は綺麗に見えている。
 昼食込みで2時間ほどで笹平へ,ここは武能岳手直前の笹原で緑の絨毯を敷き詰めたように見える所である。
 さあ,ここから本日最後の登り,武能岳への登頂である。気合いを入れ登ること20分ほどで武能岳山頂。ここからの眺望もまた良いものである。正面に朝日岳・笠ヶ岳・白毛門,遠景は皇海山・日光白根・苗場山・巻機山・中ノ岳・・・・数々の名山が見渡せる。眼下に目を向けると緑の笹原の中に,一際目立つ黄色の蓬ヒュッテが美しい。
 5分ほどの休憩で出発し,30分ほど歩くと蓬ヒュッテに到着した。
 後は,林の中の下り道,一気に駐車場まで帰るので充分休憩し13:25出発
 つづら折れに湯桧曽川まで下り,後は川沿に土合口まで下り駐車場に16:30分到着
 本日の移動距離:約21km 総時間:10時間13分




comment:1 件 08/10/22 23:13




2008/06/10

山名中ノ岳(2085m)   兎岳(1926m)   大水上山(1840m)  
山行日2008/06/10
山行時間12時間25分(休憩含む)
山行ルート十字峡(5:00)〜日向山(7:25 7:40)〜中ノ岳(9:40 10:15)〜兎岳(12:15 12:55)〜大水上山(13:15)〜丹後山(14:05)〜丹後山登山口(16:30)〜十字峡(17:25)




 標高差1,600m移動距離18kmの行程,日帰りは厳しいかなと思い丹後山避難小屋泊の準備で登頂することに。十字峡(5:00)出発,樹林帯の中を約2時間半,日向山(五合目)へ,登山道に覆い被さるような残雪を登ると・・・そこには絶景が待っていた。

 いきなり展望が開け正面には中ノ岳と兎岳,大水上山と県境の稜線,左には八海山そして振り返ると巻機山が,素晴らしい景色です。

 ここからさらにきつい登りなるが,展望を楽しみながらの登頂なのが幸いし苦しい思いをせず9:40山頂到着。
 
 ここは360度の大展望!!!会津駒ヶ岳,燧ヶ岳,・・・見える山を全部あげてもしょうがないので。ようするに感動の大展望ということです。

 いつまでも山頂にいられないので兎岳に向けて下山することに,最低鞍部で本日初めて登山者と出会い会話を交わす。何でも丹後山泊で中ノ岳ピストンだそうです。

 アップダウンを繰り返しながら兎岳山頂 12:15 到着 この時間にここならもう日帰りは確実,のんびり昼食を楽しみ 12;55 出発

 このあと,利根川水源の三角雪渓が見られれば最高なのですが,まだ残雪が多く三角になっていませんでした。いつかタイミングを見計らって是非来たと思っています。

 丹後山避難小屋を通過し樹林帯の下りを一気に下り丹後山登山口 16:30 到着,さらに林道を約1時間 無事十字峡登山口へ到着。


comment:0 件 08/09/19 19:32




2008/05/01

山名白砂山(2140m)  
山行日2008/05/01
山行時間8時間15分(移動時間:6時間25分)
山行ルート野反湖(5:45)−地蔵山(6:45)−堂岩山(7:50 8:00)−白砂山(9:10 付近散策 10:10)−堂岩山(11:40 昼食 12:20)−地蔵山(13:10)−野反湖(14:00)




 冬季閉鎖の道路が開通したので早速白砂山へ
 結氷した野反湖と残雪の山々を眺めながら,快適に歩を進めること2時間5分堂岩山到着。ここで一息,好天めぐまれ残雪の山々が美しい。
 この調子で山頂へ一気にと思いきや,日差しが強くなったため,せっかくの圧雪がざくざくになり歩きにくいこと。。。悪戦苦闘の末ようやく山頂らしき場所到着。じつは山頂標識が雪に埋もれていてポイントが分からなかったのです。
 このまま下山するにはもったいないので,三国峠方面に往復1時間ほど歩いて帰路につくことに。

 この季節は気温も上がっているので雪が解け,踏み抜き易くなっているので注意が必要です。


comment:0 件 08/09/19 03:14




残雪の三国から大源太

山名大源太山(1764m)   三国山(1636m)  
山行日2008/04/23
山行時間6時間55分(休憩含む)
山行ルート8:10三国トンネル-8:45三国峠8:50-9:50三国峠-11:35大源太山12:35-13:50三国山14:00-14:30三国峠14:40-15:05三国トンネル




comment:0 件 09/11/25 17:59




2008/04/20

山名稲包山(1598m)  
山行日2008/04/20
山行時間7時間15分(休憩含む)
山行ルート赤沢スキー場〜赤沢峠〜稲包山〜赤沢峠〜赤沢スキー場




 赤沢スキー場から入山したのだが・・・

 8:30スキー場ゲート前到着,登山口の案内もなくゲートには立ち入り禁止が・・ 
 いったいどこに登山口があるのか?
 車で林道を行ったり来たり,とりあえずゲート下の林道スペースに駐車し,ゲートからスキー場に入り確認すると。何とそこに上信越自然歩道の案内があるではないか,ずいぶんと不親切!!!貴重な時間を無駄に30分も費やしてしまった。
 
 そんなことで登山口も見つかり車に戻って早々準備 9:15入山
 
 スキー場を抜け林道をしばらく歩くと,送電線がいくつもあり最初は小さな鉄塔を,その次は少し大きくなり,その後巨大な鉄塔のある送電線下を二カ所通過し,しばらく歩を進めると下りになり沢に到着(10:35)
 
 ここから残雪で踏み跡が分からない? 沢を登ったような跡も多くあり,渡った跡もありそう? いったいどちらに行ったらよいか分からない。しばらく地図と踏み跡を眺め沢を渡ることに決定。アイゼンを装着しいざ出発!!
 
 しばらく歩くと,雪崩が有った沢を通過 少し緊張(時折バラバラと雪が落ちてくる 本日一番の緊張)しながら無事通過。その後は巨大鉄塔を目指しひたすら登り11:10赤沢峠到着 一息入れて出発

 緩やかなアップダウンを繰り返し山頂直前まで到着。あと200mほどで山頂到着。しかし,見上げるとなかなかの急登 気合いをいれて登頂開始。
 途中で左を見下ろすとチョット怖い。滑ったら300mほど尻スキー状態(きもちいいかも?) 急坂を10分ほどで登りあげ山頂に12:30到着

 天候が良ければ360度の展望が楽しめるはずだが,生憎の曇天で眺望は至近のみ。ひとしきり周りを眺めていたが強風のため下山することに 13:15

 帰路は赤沢峠でコーヒータイム。(14:20着 14:50発) 
 
 あとは上った道を一気に下山しスキー場到着 16:30

 余談:下山途中いきなりカモシカと遭遇,熊でなくて良かった。


comment:0 件 08/10/10 22:15


ページ: 1 2   全 14 件